JOGGOの名刺入れの特徴

就職祝いや営業職のご主人にJOGGOのオシャレな名刺入れをプレゼントしませんか?
ビジネスの場では、名刺だけでなく名刺ケースもよく見られています。
会って最初に取りだすのが名刺ケース。
最後にしまうのも、やはり名刺ケースです。

 

 

JOGGOの名刺ケースがおススメな理由

まずそのデザインです。
外側のレザーカラーに合わせて、内側のマチの部分、ポケットの部分、裏地の部分と4か所のカラーカスタマイズができます。
全体的に同系色の色でまとめて、マチの部分だけ挿し色を入れるデザインが、サイトのサンプルにありますが、とてもオシャレでカッコイイ。

 

ピーコックブルーやターコイズブルーなどの鮮やかな色から、渋めのグリーンまで多彩です。
人気の配色は、外側はベーシックな色をチョイスし、一見普通の名刺ケースに見せておいて、開くと挿し色が見えるデザイン。
すごくオシャレです。

 

 

裏地にも高級なシャンタンを使用。
高級な革にすっとなじむようになっています。
商談の際に取りだす確率の高い、iphoneケースや手帳ケースなどもJOGGOでオーダーして色を合わせておくとまた素敵です。

 

設計もしっかり

マチが広めに設定されているので、名刺が約50枚入るようになっています。
自分の名刺を十分な数入れて、さらに相手から頂いた名刺をしっかりしまっておけるので便利です。

 

ネームを入れることもできます。
ラッピングのサービスもあります。
就職祝いた誕生日のプレゼントとして大変好評です。

ビジネスマンは持っておくべき?JOGGOの名刺入れ

ビジネスマンであれば名刺を持つのは当たり前。
ビジネスシーンで名刺は、その人の顔とも言いますからね。

 

なので、できればこだわりの名刺入れを持っておきたいもの。
JOGGOの名刺入れならどんなシーンにも彩りを添えます。

 

ビジネスマンならひとつは持っておきたい本革名刺入れ

JOGGOの革製品は名刺入れも展開しています。
厚みは16ミリと薄型ながら、入れられる名刺は50枚と大容量です。

 

こだわりの名刺入れを使っていれば、名刺交換の際にさりげないおしゃれにも気を遣った人だと思われるかもしれません。
ビジネスマンはいつもシンプルなスーツスタイルなので、名刺入れなど小物で他と差をつけるのもおすすめです。

 

50枚のカードポケットの前にもポケットがあります。
そこにはカードを入れることも可能です。
名刺交換した方の名刺を入れておくなどの使い方ができます。

 

めくった裏側にもポケットが付いています。
会社でのメモや会社で使うカードなどを入れておくと便利ですね。

 

JOGGOの名刺入れは名入れ可能なので一生もの

JOGGOの名刺入れは、折りたたんだ時にサイドから見えるマチ部分を差し色にすると、かなりおしゃれ。
色は、本革13色から5箇所をカスタマイズすることができます。
内側やマチ、ポケット部分などを選べます。

 

名刺を開いた時に目を惹く色味にすると、見えない部分のおしゃれ感が引き立つ小物に。
人気色は、男性は全体がエスプレッソブラウンや、ピュアブラック、中身はブルー系が選ばれています。
女性は赤やピンク系の名刺入れが女性らしく可愛いですね。

 

名刺入れは小さいので、普段シックな色味が好きな方も、派手めの色でカスタムする人も多いですよ。
JOGGOのロゴと名前は、開いた所の目を惹く部分に入れることができます。
とてもスタイリッシュでおしゃれなデザインです。

 

JOGGOの名刺入れは、ビジネスマンとして頑張る彼にギフトとして贈る女性もたくさんいます。
また家族から就職祝いとして贈れば、喜ばれること間違いなし。
プレゼントとしても検討してみてください。