JOGGOのbookカバー・手帳カバー

デジタルな読み物より、印刷された読みものを愛される方にはブックカバーもあります。カバンから取り出す時も、手に持って歩かれる時も、本革本来の高級感と13色から選んだオリジナル感で手放せません。

 

今はスマホの時代です。でも毎日手帳を書いたり、本を読んだりする人にとって手帳を守るカバーや文庫カバーは必須。そんな文学派や手書き派の人に選ばれているのがJOGGOの手帳カバーとブックカバーです。

 

JOGGOのbookカバー

革色に合わせたステッチや贅沢な本革のしおり、革色に合わせた糸色など、革職人の時間と手間をかけた繊細さと心遣いが感じられます。

 

 

bookカバーは本の厚みに合わせて調整できますし、便利な差し込みポケット付き。いつでもどこでもちょっとした時間に読書を楽しまれる方や、忙しい中でも高尚な時間を楽しみたい方に、ページを開くたびに心地よさをアップしてくれるブックカバーです。

 

名入れをすることで、さらにオリジナルと親近感がわきます。ラッピングすればプレゼントとして最適です。就職祝いや大切な方への贈り物として、ご利用ください。

 

小説が好きな人にはブックカバーも通勤時のお供に

JOGGOでは小説が好きな人に文庫本カバーと新書本カバーがあります。毎日の通勤のお供に小説を読む人も多いでしょうが、そんな毎日を楽しくしてくれるデザインが人気です。

 

 

内側の布は高級布を使用。しおりを挟んで入れておけるスリットも入っています。カバーに付いているしおりは、本の厚みに調節が可能なので非常に使いやすいですね。

 

ブックカバーはしおりの部分を含めて4箇所のカラーのカスタマイズができます。外側よりも、内側の色味を明るく鮮やかなカラーにするのが密かな人気です。

 

スマホよりも手帳派の人におすすめのJOGGOの手帳カバー

ほぼ日手帳専用の手帳カバーが人気

糸井重里さんが主宰する「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれた「ほぼ日手帳」はかなりの人気。ほぼ日手帳は1日1ページに色々なことを書きます。毎日使うものなので、本革のカバーがおすすめです。

 

 

JOGGOではほぼ日手帳のWEEKSやカズン、オリジナルと3つのカバーのサイズに対応しています。3つとも本革ベルトの留め具なので、収まり良くきちんと留めることが可能です。

 

オリジナルとカズンは13色の中から、8箇所をカラーカスタマイズでき、かなり個性的なカバーを作ることができます。WEEKSは6箇所のカスタマイズが可能です。とにかく365日毎日手にするほぼ日手帳に本革は必要不可欠ですね。

 

 

オリジナルのカズンには、ペン収納と数枚のカードや名刺を挟んでおけるポケットが付いており、使い勝手からもおすすめ。

 

JOGGO手帳カバー

スマホにスケジュールを記入するより、お気に入りの手帳に一つひとつ丁寧に書き込むタイプのあなたにぴったりなのが、オシャレで上品かつ本革の高級感あふれるJOGGO手帳カバーです。

 

 

13色の牛本革から色を選ぶことができ、さらに8か所の革パーツを自分のセンスに合わせて選べます。自分だけのデザインと色のオリジナル手帳はやっぱり最高。文字を書き込んでいくと、デジタルでは味わえない楽しみの時間を持てます。

 

さまざまな厚みの手帳もしっかりと止まる本革のベルトは、全体の色のアクセント。あなたのセンスの見せどころです。

 

本革のしおりは2本付いていて、細部までのこだわりと繊細さが表れています。手帳を開くと軸径20mmのペンホルダーがあって、万年筆や多色のボールペンなどの太いペンにも対応。

 

 

さらに2段のカードポケットが付いていて、カードや名刺などが入れられます。その内側には広めのポケットも備え付けられていて、チケットなど多目的に利用可能です。

 

 

手帳カバーもブックカバーも、もちろん自分の名前とロゴを入れることができます。一度買えばほぼ日手帳を使う限り、1年が終わってもまた次の1年に使えますね。

 

本革は柔らかく手に馴染みやすいので、非常に触り心地もなめらかです。手帳は自分だけの物なので、カバーも世界に1つの物を作ってみてはいかがでしょう。